立憲主義と平和主義を守りぬく! みやかわ伸が立憲民主党から新風を吹かせます。
活動報告

政策

「#種苗法改正案に抗議します」が広がらないわけ

 種苗法改正案が国会で審議されています。衆議院は11月12日に通過しました。このままいけば、この改正案は本国会で成立します。山田正彦元農林水産大臣や日本の種を守る会の皆さんが反対の声を上げていますが、野党の意見も割れてい …

11/12 種苗法改正案について農林水産委員会で質問

12日に開催された農林水産委員会において、「種苗法の一部を改正する法律案」について質疑を行いました。 今回の法律改正には、「近年、わが国の優良品種が海外に流出し、他国で増産され第三国に輸出される等、わが国からの輸出をはじ …

10/31 栄町で町政・国政合同報告会を開催

栄町議会議員の野田泰博さんとともに31日、ふれあいプラザさかえにて町政・国政合同報告会を開催しました。今回は、新型コロナ対策として、少人数による対面とZoomによるオンライン参加の両方の形式で開催しました。 野田町議から …

9/19 枝野代表との円卓ミーティングを鎌ケ谷で開催

19日、立憲民主党の枝野幸男代表を招き、「円卓ミーティング@千葉」を鎌ケ谷市で開催しました。今回は、立憲パートナーズ有志の皆さんに企画・運営の中心を担っていただきました。新型コロナ対策として会場の参加人数を制限し、一部の …

検査方法の違いと測定感度についてのレポート

検査方法の違いと測定感度 衆議院議員 宮川 伸  鼻咽頭ぬぐい液を用いたPCR検査、唾液を用いた検査、抗原定量検査など、色々な新しい検査方法が出ている。その測定感度についての質問が多いため、2020年8月17日時点での状 …

8/19 寄稿「デメリットだけの再処理、ストップを」が毎日新聞に掲載されました

日本原燃の使用済み核燃料再処理工場について寄稿した「デメリットだけの再処理、ストップを」が毎日新聞政治プレミアに掲載されました。 「デメリットだけの再処理、ストップを」宮川 伸(毎日新聞 2020年8月19日)

自治研ちばに新型コロナ対策の投稿が掲載されました

自治研ちばVol.32(2020年6月)に、国政報告「新型コロナウイルス感染症に立ち向かう」が掲載されました。 自治研ちば2020年6月(Vol.32)「国政報告 新型コロナウイルス感染症に立ち向かう」衆議院議員 宮川  …

6/16 核燃料サイクルや六ケ所再処理工場について原子力委員会で質問

16日の原子力問題調査特別委員会で、これまでも取り上げてきた六ケ所再処理工場などについて質問しました。 最初に牧原経済産業副大臣に対し、核燃料サイクルのコストに関する本委員会でのこれまでの議論をもとに、「六ケ所の再処理工 …

5/29 中小企業の事業継承について経産委員会で質問

経済産業委員会で29日、経営承継円滑化法改正案について質問しました。今回の改正案の趣旨は、後継者不足による中小企業の廃業を防ぐために、新たな制度を導入するなどして後継者候補が承継をしやすくするというものです。 中小企業庁 …

5/27 持続化給付金について経産委員会で質問

衆議院経済産業委員会で27日、持続化給付金について質問しました。 質疑の冒頭、持続化給付金の申請受付開始日である5月1日の申請件数、振込み済み件数、不採択件数は何件か質問しました。中小企業庁は、「5月1日の申請受付件数は …

1 2 3 4 »
PAGETOP
Copyright © 立憲民主党千葉県第13区総支部 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.